気象予報士試験

・資格試験: 気象予報士試験
・解答速報&過去問: 気象予報士塾
・参考書&ツール : 59exa 気象予報士試験
・試験日程: 1月 8月
・ジャンル: 生活・食品・旅行・交通
・資格種類: 国家資格
・難易度別: 難易度A(難関)
・記 事 :
気象予報士試験は、その合格者が現象の予想を適確に行うに足る能力を持ち,気象予報士の資格を有することを認定するために行うものです。具体的には、気象予報士として、以下を認定することを目的とします。①今後の技術革新に対処しうるように必要な気象学の基礎的知識。②各種データを適切に処理し科学的な予測を行う知識および能力。③予測情報を提供するに不可欠な防災上の配慮を適確に行うための知識および能力。
気象予報士試験の概要試験は学科試験と実技試験があります。学科試験は、予報業務に関する一般知識と予報業務に関する専門知識があり、原則として5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式によるものとします。実技試験は、文章や図表で解答する記述式です。
気象予報士とは、95年施行の改正気象業法によって、気象庁が提供する各種データを適切に処理しながら、現象の予想」を適確に行う能力を持つ者を認定する資格制度です。台風情報や地震情報といった防災という公共的側面を合わせ持つ以外に、商品の売上動向など様々なビジネス活動への経済活動とも深い関わりもあります。お天気アナ、契約企業への予報や商品開発などのコンサルタント、新聞・放送などマスメディアへの情報提供などに従事します。
気象予報士試験の内容は、次の通りです。
学科(多肢選択式)
1. 予報業務に関する一般知識:
大気の構造、大気の熱力学、降水過程、大気における放射、大気の力学、気象現象、気候の変動、気象業務法や気象業務に関する法規
2. 予報業務に関する専門知識:
観測成果の利用、数値予報、短期予報・中期予報、長期予報、局地予報、短時間予報、気象災害、予想の精度の評価、気象の予想の応用
実地(記述式):
気象概況の変動の把握、局地的気象予想、台風等緊急時の対応






生活・食品・旅行・交通の資格試験です。


サイト内検索
検索キーワードの入力例

資格試験を検索する、キーワードの入力例です。
◆ 資格試験名で検索する
 ・2~4文字での検索が有効です。
 ・入力例:土木(土木施工管理技術検定試験なら)
◆ 資格試験の実施月で検索する
 ・入力例:9月
◆ 資格試験のジャンルで検索する
 ・サイドバーの「資格試験 ジャンルで探す」をご覧ください。
◆ 資格試験の種類で検索する
 ・入力例:国家(国家資格なら)または、公的、民間
◆ あるジャンルを難易度で検索する
 ・入力例:建設 難関(建設土木系の難関試験なら)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする