オラクルマスター

・資格試験: オラクルマスター
・解答速報&過去問: オラクルマスターへの道  Wakwak
・参考書&ツール : 59exa オラクルマスター
・試験日程:
・ジャンル: 情報処理系
・資格種類: 国家資格
・難易度別: プラチナ 難易度A(難関)、シルバー 難易度B(普通)
・記 事 :
オラクルマスター (ORACLE MASTER) とは、日本オラクル社が定めるデータベース認定試験のことである。情報処理のベンダー資格の中では比較的ポピュラーで知名度もあり関連書籍も数多く出版されている。制度改定以後は日本国外で実施されている Oracle Certification Program (OCP) との連携が取られるようになった。資格の概要。オラクルマスター (ORACLE MASTER)の資格は単純に1つの試験に受かれば取得できるという訳ではなく前提となる下位レベルの資格を持った上で各レベル毎に必要とされる試験に合格して初めてオラクルマスターとして認定される。試験はコンピュータで行われ結果はその場で分かる。(Platinum実技試験は除く)試験内容はOracle Databaseの管理に纏わるものやOracle Databaseを操作するためのSQL文に関するものなどがある。受験者の目的によりデータベース管理者、アプリケーションサーバ管理者、開発者の3つの道が用意されている。合格した試験の組み合わせによって認定が変わってくる。資格レベルについて。難易度は最大で4段階あり、Bronze、Silver、Gold、Platinumの順に難しくなる。Silver以降の認定を受けると世界共通の Oracle Certification Program による認定が自動的に与えられる。従ってSilver以降の認定は世界で通用するものとなると言える。






情報処理系の資格試験です。


サイト内検索
検索キーワードの入力例

資格試験を検索する、キーワードの入力例です。
◆ 資格試験名で検索する
 ・2~4文字での検索が有効です。
 ・入力例:土木(土木施工管理技術検定試験なら)
◆ 資格試験の実施月で検索する
 ・入力例:9月
◆ 資格試験のジャンルで検索する
 ・サイドバーの「資格試験 ジャンルで探す」をご覧ください。
◆ 資格試験の種類で検索する
 ・入力例:国家(国家資格なら)または、公的、民間
◆ あるジャンルを難易度で検索する
 ・入力例:建設 難関(建設土木系の難関試験なら)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする