CAD利用技術者試験


・資格試験: CAD利用技術者試験
・解答速報&過去問: 本音のCAD・CAM  コンピュータ教育振興協会
・参考書&ツール : 59exa CAD利用技術者試験
・試験日程: □
・ジャンル: 情報処理系
・資格種類: 国家資格
・難易度別: 1級 難易度A(難関)、2級 難易度C(やや易しい)
・記 事 :
CAD利用技術者試験1級(トレース)について汎用系のCADシステムを利用し主として2次元図面のトレース業務に従事し半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。CADシステムによる製図業務に特化した操作能力と知識を必要とし社員としてはもちろん派遣業務や在宅業務を目指す方が合格者像です。合格後の進路は、建築・土木設計事務所、機械・アパレル・インテリアメーカーおよび派遣・在宅のCADオペレーターです。
試験方法は、CADシステムを使用した実技問題(解答データを保存したフラッシュメモリを提出)とトレース分野の基本知識と各分野の図記号および略語を問う筆記問題試験。事前準備として解答枠の事前ダウンロードを行うこと。行っていない場合は採点対象外となり当日の提供も行いません。試験科目は、実技試験で編集・レイヤ設定能力、図形の編集、コマンド機能、レイヤ設定、トレース能力、図面のトレース、投影能力、投影関係と形状理解です。実技試験では、出題される分野の専門知識は必要ありませんが図記号、線種などの知識は必要となります。ファイルは、DXFフォーマットで保存すること。筆記試験は、製図の知識、図面の名称、線の種類と用途、寸法補助記号、図記号などです。
CAD利用技術者試験2級についてCADシステムを利用するすべての企業において製図業務や営業・販売業務に従事し半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。1級の合格を目指す方はもちろん設計や製図、CADシステムの販売等に従事する方が合格者像です。合格後の進路は、1級の受験、設計事務所・メーカーの営業、派遣・在宅のCADオペレーター、CADインストラクターです。試験方法は、多肢選択方式です。試験科目は、CADシステム分野からCADシステムの概要と機能、CADシステムの基本機能、CADの作図データ、CADシステムとハードウェア、CADシステムとソフトウェア、ネットワークの知識、情報セキュリティと知的財産、CADシステムの運用・管理と課題、3次元CADの基礎知識などです。製図分野からは、製図一般、製図の原理と表現方法、製図における図形の表現方法です。






情報処理系の資格試験です。


サイト内検索
検索キーワードの入力例

資格試験を検索する、キーワードの入力例です。
◆ 資格試験名で検索する
 ・2~4文字での検索が有効です。
 ・入力例:土木(土木施工管理技術検定試験なら)
◆ 資格試験の実施月で検索する
 ・入力例:9月
◆ 資格試験のジャンルで検索する
 ・サイドバーの「資格試験 ジャンルで探す」をご覧ください。
◆ 資格試験の種類で検索する
 ・入力例:国家(国家資格なら)または、公的、民間
◆ あるジャンルを難易度で検索する
 ・入力例:建設 難関(建設土木系の難関試験なら)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする